環境分析食品検査>工場衛生管理

工場衛生管理


「食の安全」が重要視される中、「HACCP(ハセップ)」の導入をされている、または検討されている食品製造業者様も多いと思います。
HACCPとは、もともと米国NASAが宇宙に持っていく食品の管理に用いた手法で、その手法は次第に全世界の食品業者に波及してきています。また、ISO22000(食品安全マネイジメントシステム)もこの手法を基本としています。


<HACCP>


HACCPとは英語のHazard Analysis Critical Control Pointのそれぞれの頭文字をとった略称で、「危害分析重要管理点」と訳されています。危害とは、食品とともに口から入った時に、お腹をこわしたり熱を出したりする原因となるものをいいます。
事業者はこのHACCPプランといわれるマニュアルを作成し、日常の衛生管理を機械的に行うことにより病原菌の汚染や増殖を防止して、食中毒などの食品による事故を予防します。そしてこのHACCPプランは、経験や勘ではなく、科学的な根拠やデータに基づいて作成しなければならないとされています。
当研究所は、拭き取り調査等により、この科学的データの作成から、プラン作成までのお手伝いをしています。



検査内容

各種細菌検査や、作業場での拭き取り検査など、様々な形で対応させて頂きます。内容等はお気軽にお問い合わせください。



検査項目

検体内容により、検査項目等が異なりますので、お気軽にお問い合わせください。



検査料金

料金につきましては、具体的な内容を確認した上で、詳細の検査内容とお見積りを提示させていただいております。
まずは、お問い合わせフォームに必要事項ご記入の上、送信してください。担当者より折り返しメールにてご連絡させていただきます。



ご依頼方法

検査の内容が決まりましたら該当の依頼書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、検体とともに当研究所受付までお持ちください。
*依頼書はこちらのページからダウンロードしてください。



― 検査のお申し込みやお見積りのご依頼、ご質問はお気軽にご連絡ください。 ―

一般財団法人中部公衆医学研究所 環境衛生部
電 話 0265(24)1509
FAX  0265(24)2330

メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。



プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
異物検査
コンテンツのトップ 次のページ
作業環境測定