環境分析>作業環境測定

作業環境測定


一部の有機溶剤や粉じん等を取り扱う作業場は、労働安全衛生法に規制する有害作業場となり、様々な特別な管理が必要となってきます。当研究所では特殊健康診断による作業者の健康管理のお手伝いとともに、作業場の衛生管理としての「作業環境測定」や「局所排気装置等定期自主検査」も行っており、有害作業場の衛生管理をトータルでお請けしております。



検査内容


作業環境測定
有機溶剤、粉じん、特定化学物質、石綿、騒音等、多種の測定を行っています。作業環境測定結果書は事業所での保管義務があるのみで、所轄監督署への報告の必要はありません。しかし、結果書を今後の作業場管理に役立てていただく為に、当研究所ではご報告に併せて現状の維持方法や改善案もご提示しております。


局所排気装置
作業場内で発生する有害ガス等を早期に屋外へ排出するためには、換気扇等による全体換気設備よりも、発生源に隣接させた換気設備(局所排気設備)の方が有効とされています。ただし、この局所排気設備は、有害物の物性や、発生の経路、そして使用状況等を十分に考慮しなくてはなりません。また、せっかく作っても作業能率が低下してしまい、作業者が使わないようなものでもいけません。当研究所では、デザインから所轄監督署への申請書類の作成のお手伝い、そして能力維持に伴う定期自主検査の実施を行っています。



検査料金

料金につきましては、具体的な内容を確認した上で、詳細の検査内容とお見積りを提示させていただいております。
まずは、お問い合わせフォームに必要事項ご記入の上、送信してください。担当者より折り返しメールにてご連絡させていただきます。



― 検査のお申し込みやお見積りのご依頼、ご質問はお気軽にご連絡ください。 ―

一般財団法人中部公衆医学研究所 環境衛生部
電 話 0265(24)1509
FAX  0265(24)2330

メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。



プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
工場衛生管理
コンテンツのトップ 次のページ
建築物環境測定